パル・ユニット株式会社の最新情報。

新着情報

【シリーズ】ひび割れについてのコラム③

2021/01/07
|【シリーズ】ひび割れについてのコラム③
新年あけましておめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願いいたします。

当サイトをご覧の皆様、姉妹サイト【ひび割れ工事専門社】をご存知でしょうか?
当サイトは、工事のプロの方が比較的多いため、初めての方、慣れていない方にむけて、わかりやすく解説したサイトになります。
https://www.hibiware-kouji.net
是非、初めての方も、プロの方もご一読ください。

【工法に関するお問合せ】
パル・ユニット株式会社 白井まで
TEL  03-5917-6871
メールでのお問合せは、こちらをクリック

【シリーズ】ひび割れについてのコラム②

2020/12/25
ひび割れ補修のハンドスムーサーに関して、日々様々なご質問をいただきます。
今回は、お客様から受けたご質問をもとに、ハンドスムーサーの特徴を並べてみます。
ぜひご参考ください!

≪注入方法≫専用ガン打ち(別売り)、中圧注入(ガス、エアーによる注入式が多い)
→トリガーを引いている間に注入される

≪色≫白、グレーのほかにクリア色がある(クリア色は珍しい)

≪付属アタッチメント≫入隅用と注入用の付属アタッチメントあり

≪粘土≫低め

≪引張強度≫高め

≪硬度≫高め

≪樹脂成分等≫成分弾性エポキシ材(湿気硬化、微弾性タイプ)、無溶剤(ヤセ無)、ノンブリード、ノンプライマー、メンテ不要

≪ネタ深さ≫10㎜~20㎜可能(10㎜までが多い)

≪作業スピード≫早い(ガス式は吐出力の弱いものがあり、時間がかかるケースがある)

≪作業性≫良い(70~100m/日、ガス式のおよそ2倍)

≪目巾≫0.2~2.0㎜(ガン打ちの為2.0mm以上も可)

≪その他≫ひび割れ充填+中圧注入

ハンドスムーサー カタログはこちらをクリック


【工法に関するお問合せ】
パル・ユニット株式会社
TEL  03-5917-6871
メールでのお問合せは、こちらをクリック

年末のご挨拶と休業期間に関しまして

2020/12/18
本年は新型コロナにより世の中に暗い影を落とした一年でしたが、
来年も更なる発展、飛躍に向けて、より一層の努力をし、より一層のご支援を賜りますよう、
従業員一同、心よりお願い申し上げます。

尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

〔年末年始休業期間〕12月29(火)~1月5日(火)

新年は1月6日(水)9:00より営業開始となります。


時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
来年も相変わらずのご愛顧をお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。

[お知らせ] 2020年度 板橋製品技術大賞にて、審査員賞受賞しました

2020/11/13
|[お知らせ] 2020年度 板橋製品技術大賞にて、審査員賞受賞しました
令和2年11月10日 2020年度 板橋製品技術大賞が決定(板橋区サイトより)

今年で18回目となる「板橋製品技術大賞」(板橋区と公益財団法人板橋区産業振興公社の共催)の受賞製品14点がこのほど決定した。
 この表彰事業は、区内に本社または事業所を置く中小企業の優れた製品や技術を発掘することを目的にしたもので、販売開始から5年以内の自社開発製品が対象。今回は区内のものづくり企業23社から24点の応募があり、優秀性に加え新規性や市場性などを加味した評価ポイントによる審査が行われ、以下の各賞が決まった。
【引用ここまで】

このたび、弊社が2020年度 板橋製品技術大賞にて、審査員賞に選ばれましたのでご報告させて頂きます。
今後も受賞に恥じぬよう、精進してまいります。

【工法に関するお問合せ】
パル・ユニット株式会社
TEL  03-5917-6871
メールでのお問合せは、こちらをクリック

【シリーズ】ひび割れについてのコラム①

2020/10/20
|【シリーズ】ひび割れについてのコラム①
コンクリート構造物は、程度はありますが、多少のひび割れがほぼ必ず生じています。
ひび割れの原因は様々なものがあり、その原因とひび割れの程度によって即対応が必要なものかを判別することが出来ます。
コンクリートは圧縮される力に強く、ひっぱられることには弱く、かつ変形しにくい素材であるためひび割れを生じやすいという特徴があります。
様々な要因によりコンクリートに伸び縮み、ひずみを生じた際に、そのひずみがコンクリートの変成限界を超えたときにひび割れは生じます。

コンクリートのひび割れには様々あり、ひび割れを発生させる原因も多岐にわたります。
このひび割れは大きく分けると「進行性のないもの」か「進行性のもの」に分別されます。
進行性のないひび割れには、乾燥で収縮した際に生じるものやセメントの水和熱、コンクリートの沈下や施工に関るものがあり、
一方進行性のひび割れは、自然環境、自然災害など様々な原因でコンクリート自体が劣化していく現象のため、時間経過でひび割れ幅は拡大します。
問題は、ひび割れ個所から鉄筋の腐食につながり、構造物の耐性、性能は急激に低下するなど様々な影響を及ぼすことです。

ハンドスムーサー カタログはこちらをクリック


【工法に関するお問合せ】
パル・ユニット株式会社
TEL  03-5917-6871
メールでのお問合せは、こちらをクリック
  • Pagetop