パル・ユニット株式会社の最新情報。

新着情報

【情報】「ひび割れ補修用注入ガン ハンドスムーサー」が日刊工業新聞に掲載されました。

2011/06/27
|【情報】「ひび割れ補修用注入ガン ハンドスムーサー」が日刊工業新聞に掲載されました。
6月27日(月)付け日刊工業新聞に(ネット版6月新商品、共に)弊社商品「ハンドスムーサー」が掲載されました。

日刊工業新聞 2011年6月21日(月)

パル・ユニット(東京都板橋区、白井義雄社長、03・5917・6871)が2009年に開発したひび割れ補修用注入ガン「ハンドスムーサー=写真」の販売が急増している。10年度の売り上げは月150万―160万円だったが、今春ホームページを刷新して認知度が向上。東日本大震災の復興需要も加わり、現在月400万―500万円に増えている。
電気やガス、空気圧を使わず、グリップを軽く握るだけで補修材を必要な量だけ注入できる。先端のシリコーン樹脂製チップで「補修材がひび割れの深部まで届く」(白井社長)。補修材は溶材を使わないため臭わず、注入後の耐久性も高い。補修材カートリッジはワンタッチで交換できる。使用後も液だれせず「掃除やメンテナンスが不要」(同)なのも売りだ。
現在、ガン本体は月1000台以上を全国の塗装業者や防水工事業者などに出荷。補修材も販売を大きく伸ばしている。

東日本大震災におけるお見舞いと当社現状に関しまして

2011/04/20
東北地方を中心とした、東日本大震災により尊い命が奪われました。
被災された方々へ、従業員一同、謹んでお悔やみとお見舞いを申し上げます。

弊社におきましては、大きな被害はなく通常通り営業いたしております。

現在、社員一同、今回の震災で影響を受けられた方々の修復工事を全力で
行って参ります。

尚、配送関係に影響があり、多少遅れ等の影響が出ることをご容赦頂きます
よう宜しくお願い申し上げます。

パル・ユニット株式会社
代表取締役 白井 義雄
  • Pagetop