HSS工法│タイル、コンクリートのひび割れ補修、修理はパル・ユニット株式会社へ。

HSS工法

HSS工法とは、防水を目的とした工法です。
ひび割れに対しUカット・Vカットをせず、ノーカットで1液弾性エポキシ樹脂を圧入します。ひび割れ幅を拡張させないため、補修跡がほとんど目立ちません。電気・ガス・コンプレッサー等を一切使用しないため、作業性・移動性は抜群です。
専用エポキシ樹脂は、ひび割れ内部が湿潤状態であってもしっかり硬化する湿気硬化型です。また、構造的クラック等の場合、二次裂化を発生させない弾性タイプです。
また、塗装塗膜をもって仕上げ処理した場合に一番の注意事項であるブリードが一切ないノンブリードタイプです。

STEP1施工前
ひび割れ発生。
STEP2ひび割れ幅測定調査
クラックスケールにて確認。
STEP3洗浄作業
付属の洗浄ガンによる内部洗浄。
STEP4HSS工法の注入作業
ひび割れ注入作業。
STEP5清掃
注入充填後、ふきとり清掃仕上げ。
STEP6仕上げ
施工終了。HSS工法施工状況との比較。

動画

  • Pagetop